洗顔で気をつけていること

洗顔はスキンケアの基本です。

メイクや皮脂汚れが肌に残っていると、残った汚れが酸化をして肌トラブルを招きます。そのため、毎日洗顔方法には気をつけています。

洗顔の前には手を洗います。手には雑菌や汚れが付着をしていて、その手で顔を触ると肌のダメージになります。また、手を洗うことで洗顔料の泡立ちがよくなります。

洗顔料はよく泡立てるように気をつけています。たっぷりと泡を作れば、洗顔時の摩擦を抑えることができます。

洗う順番にも気をつけています。最初にTゾーン、次に頬を洗います。

口元や目元など乾燥しやすい部位は、泡をのせるだけにします。

洗顔料の洗浄力でこすらなくても汚れを落とすことができます。

洗顔の時間は長くても1分です。長時間洗っていると、肌に必要な潤いが奪われてしまい、肌が乾燥してしまいます。

熱いお湯ですすぐと肌の潤いが流れてしまうので、すすぎのお湯の温度は35℃程度です。

すすぎ残しがないように、しっかり丁寧にすすぎます。あごや髪の生え際はすすぎ残ししやすいので、念入りにすすいでいます。

すすぎときにも肌をこすらないように気をつけています。

顔の水気を拭き取るときにもこすらないようにします。

タオルを優しく顔に押し当てるようにすると、水分を吸い取ってくれます。